サムネ画像をクリックすればイラストが見れます。

流鏑馬 やぶさめ

thumb-1
年賀状的なものです。いつもと違うタッチで描いてみました。SAI Intuos 5 CintiQ 13HD

心地よい空間

thumb-1
うーん、なんだろ。ぱっと頭に浮かんだイメージです。SAI Intuos 5 CintiQ 13HD

夏音 - Summer Sound -

thumb-1
沖縄の浜辺のイメージです。ちょっと気付いたんだけど、大きく表示して片目でじーっと見てみてください。何か少し立体的に見えてきませんか?理由は不明ですが。SAI IlustStudio Intuos 5 CintiQ 13HD

牡丹孔雀

thumb-1
日本画の伊藤若冲の「老松孔雀図」や、円山応挙の「牡丹孔雀図」の牡丹孔雀を自分なりに描いてみました。牡丹といいつつどこにも牡丹はないんだけどね。 IlustStudio Intuos 5 CintiQ 13HD

泉水子(いずみこ)の舞

thumb-1
荻原規子の小説「RDG レッドデータガール」より、姫神である泉水子の巫女舞のシーンです。4月からアニメもありましたが、そちらは一度しか見てないので影響されていません。IlustStudio Intuos 5 CintiQ 13HD

女三宮(おんなさんのみや)~源氏物語より~

thumb-1
女三宮は光源氏の第二正妻。平安時代の貴族の女性は他人に肌や顔を見せるどころか、 姿そのものを見られることさえはしたないこととされていました。蹴鞠の催しの日、ある貴公子は突然の風と飛びだした猫のために御簾の奥で観戦していた女三宮の姿を一瞬見ただけで忘れられなくなってしまいました。え、何それ?という感じですが、姿自体が見てはいけないものだということを脳内位相変換で想像すれば、まあわからなくもありません。IlustStudio Intuos 5

Beetle Ship

thumb-1
なんか昆虫が描きたいなと思って始めたら、こんな感じになってしまったw SAI Intuos 5

浮船(うきふね)~源氏物語より~

thumb-1
源氏物語は煌びやかな光源氏と貴族の世界へのあこがれで平安時代から女子に好まれたと言われているけど、実際読み始めると光は何考えているかよくわからず、まったく感情輸入できないのだ。実は紫式部も途中で光のことを「まあ、ああいった性質の人だから…」みたいな言い方をしているのだ。本当に平安時代から女子の心を捕えて来たのは、一番最後に出てくる女性キャラ「浮船」じゃないかと思う。ネタばれになるから詳しくは話さないけど。openCanvas Intous 5

出雲阿国 いずものおくに

thumb-1
出雲阿国(いずものおくに)の事を調べていたら面白かったので描いてみました。歌舞伎の創始者と言われる阿国ですが、阿国は「傾き者」の男装して踊ったり、ややこ(幼児)踊りという子供のような短い着物を着てちょっとセクシーな踊りを踊ったりしたそうです。歌舞伎とは「傾く」から来ていて、当時奇抜な服装やメイクをする人たちの事をを傾き者と呼んでいたそうです。阿国の時代が今のコスプレしたり踊ってみたりしてるのになんか被るのです。SAI Intuos 5